氣よし鍼灸院の思うままブログ

大阪吹田市、御堂筋線江坂駅前徒歩2分。痛み・リウマチ、抗癌剤の副作用、突発性難聴、不妊を行う鍼灸院。氣よし鍼灸院のブログ

卒後臨床研修会に参加、鍼灸の学びなおし、リカレント教育

母校で開催された専門臨床研修会に参加。

毎年、3回ほど行われますが、すべて参加するようにしています。

 

 

卒業して、20年以上経ちますが、鍼灸治療も研究が進み、どんどん新しい理論が出てくるのでいつも学ぶことが多いです。

 

今回の内容は「リカレント教育」でした。

リカレントとは、学び直し教育という意味になります。

学校を卒業してから、もう一度、初心に戻って学び直そうということです。

 

 

この機械はお灸の温度を測るものです。

ぼくが学生時代は、もう少しアナログ的なものでしたが今ではデジタルに変わっていました。

 

お灸の温度は、半米粒の大きさで60度~80度までの温度でなければいけません。

それ以上の温度だと熱くなり、火傷の原因にもなります。

 

当時は、1分間で20個ほどのお灸を作らなければいけませんでした。確認のためのテストもあり、かなり厳しくチェックされた記憶があります。

ちなみに、今の学生には6個でよいとそうです。

ずいぶんゆるくなったものです。

これがいいか、悪いか分かりませんが・・・

 

鍼の打ち方を学んだ後は、学校の付属資料室で参加された先生方と鍼を打ち合うということになりました。

 

 

少し話がそれますが、鍼灸学生時代、実は鍼灸に対して、「ホンマに効くんかいな!?」と疑念のようなものがありました。

そなことを思う日々の中、この付属鍼灸治療室で実習がありました。

実習は、この写真の左側のブースで行われたのですが、大雨で患者さんが来ず。

何にもするわけにもいかないので、「どこか調子が悪い人いないか、モデルになる人はいないか?」と担当の先生が言い出しました。

そこで、ぼくが手をあげてモデルになりました。

 

当時、ちょっとメンタルがやられ、目の痛み、ストレス性の蕁麻疹からくる顔面のほてりがありました。

中医学系の先生が、脈、腹、舌を診て診断(中医学の診断法)し、2つのツボに鍼をしたら、あら不思議。蛍光灯の光でも痛かった目のチカチカした感じが一瞬でなくなりました。

そして、顔のほてりも消えました。

 

「鍼は効く!!!」

 

自分で実感するのが一番。

それから効果を確信し、その先生が学んでいた中医学を学び始めました。

 

この先生の授業のプリントは今でも使っています。

今の方が学生時代より理解できます。

 

 

写真は26、27年前に授業で使用されていたプリントです。

 

懐かしい思い出の勉強会でした。

 

 ■ 氣よし鍼灸院へのお問い合わせ お気軽にどうぞ

 健康相談&お問い合わせメール クリック

 電話 06-6170-9671

 

当院は、東京大学大学医学部付属病院リハビリテーション鍼灸部門からの推薦を受けている鍼灸院です。

東京大学医学部附属病院リハビリテーション部物理療法(鍼灸)部門

 

東洋医学×現代医学』2つの医学の考え方を合わせた鍼灸院です。

鍼灸経験20年以上の実績

病院勤務10年の鍼灸治療の経験

 

漢方は中国医学ではありません。

「中国の鍼灸と日本の鍼灸は同じだと思っていました」と、来院中の方が驚かれていました。ついでに言うと、漢方も中国とは治療の考え方も内容も違います。

おそらく、多くの方は中国の鍼灸と日本の鍼灸は同じ考えていると思いますが、別ものです。どのぐらい違うかといえば、中国のラーメンと日本のラーメンぐらい違います。

 漢方医学とは、古代中国で発達した医学が日本に伝えられ、日本の風土のなかで発展した医学の総称になります。  元々あった古代中国医学を編集して作られたものです。

今ではコロナで観光客も減りましたが、中国人の観光客がドラッグストアで葛根湯や麻黄湯を大量に購入しているのも見かけてことがあります。

葛根湯を風邪によく使用するようになったのは、漢方の考えで中医学にはありません。
中国にはなく、日本医学(漢方)になるため、中国の観光客が買っていくんでしょうね。


● なんで漢方というの?

 

漢方とは、オランダ医学を蘭方 (らんぽう) とよんだのに対して使われた用語です。

東洋医学というのは、インド医学、中国医学など東洋の医学を日本では広くさして使われていました。

今日では漢方医学を意味して使われる場合が多い。なお、インド医学をアーユルベーダ医学、スシュルタ医学とよび、中国医学中医学などとよんで、東洋医学漢方医学(日本医学)との混用を避けています。

日本人は原型を日本風にアレンジするのが得意です。中国文化と日本文化を組み合わせたものを「和漢折衷」といいます。日本の漢方や鍼灸はこれになります。

日本人は編集を行います。中国から来た漢字も編集し、日本にもともとあった言葉を当てはめて、音読み、訓読みと使い分けて使用しています。

音楽も同じです。
日本のラップは黒人のマネですね。そこに何かがそこに入り日本ラップができました。
一連の流れがあるわけです。

日本の医療も考えてみると、中国から仏教と一緒に伝わった医学に何かか加わり変化したものが、日本鍼灸であり、漢方です。

中国から伝わった医学に、日本独自な何が加わったのでしょうか?
  
中国鍼より日本の鍼は細いし、中国の鍼は鍼を持ってそのまま体に刺しますが、日本の鍼には、鍼管に入れて鍼を刺入するため、体に鍼が入る時に痛みはほとんどありません。

繊細さ、細かさなどでしょうか。こういうルーツを考えるのも面白いです。

 

 

 ■ 氣よし鍼灸院へのお問い合わせ お気軽にどうぞ

 健康相談&お問い合わせメール クリック

 電話 06-6170-9671

 

当院は、東京大学大学医学部付属病院リハビリテーション鍼灸部門からの推薦を受けている鍼灸院です。

東京大学医学部附属病院リハビリテーション部物理療法(鍼灸)部門

 

東洋医学×現代医学』2つの医学の考え方を合わせた鍼灸院です。

鍼灸経験20年以上の実績

病院勤務10年の鍼灸治療の経験

 



 

鍼灸の保険治療を行わない理由

「保険は使えますか?」というの問い合わせがたまにあります。

鍼灸治療は保険が使えますが、医者の同意書が必要になります。また、保険適応となる疾患も決められています。

 

以下、保険適応の疾患。

① 神経痛
② リウマチ
③ 頚腕症候群
④ 五十肩
⑤ 腰痛症
⑥ 頚椎捻挫後遺症
① その他、慢性的な痛みのある疾患

 

リウマチも入っていますが、実際はリウマチで鍼灸での保険治療を使うと、西洋医学のリウマチ治療、薬の使用ができなくなってしまいます。1つの病名で同じ病気の保険治療ができません。つまり、東洋医学か西洋医学を選べということです。


鍼灸の保険治療でよくある質問として、「鍼灸整骨院では、医者の同意書がなくても鍼灸治療ができましたよ」というものがありますが、これ違法です。

鍼灸で保険治療を行う場合、必ず医者の同意書が必要です。同意書なしに、鍼灸の保険治療をおこなっている鍼灸整骨院は不正行為をしていることになります。

骨盤を整える行為も保険は使えません。もし保険を使って骨盤矯正を受けていれば、これも不正です。  整骨院で保険が使用できる疾患は、打撲、骨折、捻挫、脱臼などの外傷です。つまり外傷、怪我です。何でもかんでも保険で治療はできません。


さて、当院では鍼灸治療の保険治療は一切、行っておりません。理由は、10分~15分の治療では限界があるからです。また、保険治療を希望されても医者が同意書を書いてくれません。10人に頼んで、1~2人の医者しか書いてくれないのではないでしょうか。
(以前、勤務していた医師も話していました)

 

私が保険治療を行わない理由としては、整骨院や病院に勤務していた時、保険治療が安いので、何も努力しない方が多かったことになります。ちなみに、これは私の主観ですので。

10年前、訪問鍼灸・リハビリを以前していた時は、保険治療を使っていましたが、努力しない方が多く、中には訪問のマッサージ屋と思っている方もいました。こちらはリラクゼーション屋じゃありませんし、医療行為を行っていると自負いますので、もう保険の取り扱いはやめようと思い、現在に至ります。


20代の時に働いていた鍼灸整骨院では、ほとんどの方がマッサージを希望されて来院されていました。(ほんとうは、整骨院はマッサージをするところではないです)あちこち揉んだところで症状はよくなりません。気持はいかもしれませんが。

病院勤務時代も、退職する数年前から、マッサージ的なことを行うことが中心になりました。鍼灸が徐々にできなくなったため、辞めることにしました。病院の院長が患者さんが喜ぶと思ったようですが、リウマチや脊柱管狭窄症、うつ病の方にマッサージをしてもよくなることはありません。  

また、マッサージの時間が長い、短いなど文句を言い出す方やリラクゼーションを目的とした患者さんが増えだしたので、嫌になりました。

こちらは、モミ屋ではありません。鍼灸師、治療家ですから、そういう方たちのために、時間とお金をかけて努力してきたわけではありません。


症状をよく診て、本当によくしょうと思えば、治療時間はある程度必要です。10分、15分の保険治療では限界があります。

また、患者さん自身の努力も必要です。保険治療では、安い金額なので、どうしても努力をしてくれない方も増えてきます。

受け身ではよくなりません。治すのは自分自身の力です。

 

 

 ■ 氣よし鍼灸院へのお問い合わせ お気軽にどうぞ

 健康相談&お問い合わせメール クリック

 電話 06-6170-9671

 

当院は、東京大学大学医学部付属病院リハビリテーション鍼灸部門からの推薦を受けている鍼灸院です。

東京大学医学部附属病院リハビリテーション部物理療法(鍼灸)部門

 

東洋医学×現代医学』2つの医学の考え方を合わせた鍼灸院です。

鍼灸経験20年以上の実績

病院勤務10年の鍼灸治療の経験

 

 

不妊鍼灸の料金、患者さんに安すぎませんか?と怪しまれる

新規で来院された不妊鍼灸を希望される方から聞かれたました。

「ほんとうに、この治療費ですか?途中から値上げになったりしませんか?」

 

どうやらネットで不妊鍼灸治療を調べていると、料金が1万円以上のところがほとんどなので、逆に怪しまれたようです。

 

実はこの質問、ちょくちょくあります。

最近来院された方からも「本当に表示されている治療費ですか?」と尋ねれれました。

 

うちの鍼灸院は、鍼灸治療の料金は5500円になり、不妊鍼灸の方は低出力レーザー(500円)と併用をしているため、5500円+500円、合計6000円になります。

初回限定金額ではありません。

 

質問をされた方は、他の鍼灸院に1年間通院されていました。ここでの1回の鍼灸治療費は、15000円だったとのこと。

うちの鍼灸院は、以前通院されていた院より低出力レーザーを行っても9000円も安いので、不安に感じたようです。

安いと怪しまれるようです。

 

この業界27年になります。鍼灸整骨院で修行もしたし、病院で10年間鍼治療をし、開業して14年です。それなりに経験は積んできましたが、1万円超えは高いと思いますよ。

 

鍼灸業界も治療院経営コンサルタントが出てきた頃から何だかおかしな方向にいってしまったように思います。

 

12年前ぐらいからでしょうか。

不妊鍼灸は儲かる」こう宣伝して、経営セミナーを行う鍼灸師が出てきました。

中には、鍼灸免許取得してそれほど経っていないのに、セミナーを行う人も。

何か違うんじゃないかな。

 

別にお金を儲けるのが悪いわけではないし、経営は重要なことなのですが、順番がおかしいと思います。「儲け」は「妊娠」の次でしょう。

 

どんな職種でも同じですが、哲学のようなもが必要だと思います。「儲かる」「儲かる」ばかりの宣伝には、哲学を感じない。

 

哲学や思想がない経営は長くは続くないじゃないかなと思います。

実際、数年前まで、鍼灸師向けの経営セミナーしていた人たちの多くが、「今はどこに?」という状態です。

そりゃ、そうだろうな。

 

 

 ■ 氣よし鍼灸院へのお問い合わせ お気軽にどうぞ

 健康相談&お問い合わせメール クリック

 電話 06-6170-9671

 

当院は、東京大学大学医学部付属病院リハビリテーション鍼灸部門からの推薦を受けている鍼灸院です。

東京大学医学部附属病院リハビリテーション部物理療法(鍼灸)部門

 

東洋医学×現代医学』2つの医学の考え方を合わせた鍼灸院です。

鍼灸経験20年以上の実績

病院勤務10年の鍼灸治療の経験

 

f:id:kiyoshihari:20200415163545j:plain

 

うつを鍼灸でよくする 抗うつ薬だけにたよらず東洋医学も加えた治療を

最近、メンタル系の疾患の方からの問い合わせが多い。理由は分からない。

10年前は、うつの鍼灸治療専門サイト運営していたので、ちょくちょくメンタル系の患者さんの来院がありましたが、今はそれほど問い合わせはありません。

 

病院勤務時代は、パニック障害うつ病の患者さんを担当する機会が多かった。

 

内科に来院される患者の8割は、不定主訴だと言われています。つまり、胃が痛い、頭が痛い、体がだるい状態を訴える方たちが午後の診療は、仕事帰りに通院されている方がほとんど。

もちろん、検査してもどこも異常はありません。

 

内科の場合、1人の診察時間は5分で考えていることが多いと思います。

こんなことを書くと、「保険診療は時間が決まっているのですか?」という質問をする人もいます。

少し考えていただきたいのですが、それ以上に時間をかかえれば、多くの患者を診ることは出来ません。

病院にも経営というものがありますから、保険点数で金額が決まっている以上、1人の患者に時間をかけるわけにはいきません。

保険診療は薄利多売。これは仕方がないことだと思います。

 

心療内科であれば、診察の時間が長くなれば、保険点数が加算されるのですが、内科はいくら長く話を聞いても加算なし。

 

勤務していた病院では、不定愁訴やメンタル系の患者さんの中で話が長くなりそうな人たちは、医師からの指示で話を細かく聴くようにしていました。

しかし、ぼくの仕事は鍼灸です。話は治療の中で聴くことになります。

 

来院患者さんと話していて「誤解しているなー」と思うのは、心療内科では何か、心のケアのアドバイスなどをしっかり話を聴いてくれて、心のケアをしてくれると思う人が多いということ。

 

話を聴き、アドバイスを行うのはカウンセラーの仕事になります。

心療内科の医師はそれほど話も聞いてくれないし、基本的にアドバイスもありません。

 

心療内科の専門は、「精神」ではなく、内科です。

心を診るのではなく肉体を診るのがお仕事です。「精神」の専門ではありません。

 

では、「精神」の専門はどこかといえば、精神科です。

 

うつのような心に症状がでている方の場合は、本来は、精神科の方がいいように思います。

心療内科は、ストレスによる胃の痛みや頭痛などの体に異常がある場合が得意分野になります。

 

 

うつの鍼灸対応分野は、身体症状の改善、精神症状の改善になります。

最近の鍼灸の研究では、前頭前野へ鍼治療をすることで、セロトニンの改善があることも分かっています。

 

自律神経に作用する、ポイントに鍼を行って身体症状の改善を行い、頭のポイントに鍼をして、セロトニンの改善を目指します。

 

もちろん、鍼と薬の併用も可能です。

鍼をするメリットは、少ない薬の量で効果を上げることが可能です。

薬は否定しませんが、これに頼りすぎると量は増えていきます。

 

うつ、パニック障害東洋医学鍼灸でよくする。

薬でよくならない方は、アプローチを変えて東洋医学のエセンスを加えてみてはどうでしょうか?

 

 ■ 氣よし鍼灸院へのお問い合わせ お気軽にどうぞ

 健康相談&お問い合わせメール クリック

 電話 06-6170-9671

 

当院は、東京大学大学医学部付属病院リハビリテーション鍼灸部門からの推薦を受けている鍼灸院です。

東京大学医学部附属病院リハビリテーション部物理療法(鍼灸)部門

 

東洋医学×現代医学』2つの医学の考え方を合わせた鍼灸院です。

鍼灸経験20年以上の実績

病院勤務10年の鍼灸治療の経験

 

f:id:kiyoshihari:20200120213911j:plain

 

薬は毒でもり、よくするものでもあり。健康と毒薬

ご存じだと思いますが、薬は『毒』です。

毒も少ない量なら、無効ですが、ある量まで増やせば『薬』になります。

さらに増えていけば、中毒になる。

『中毒』とは、機能症害になるということです。

さらにさらに大量に摂取すれば『致死量』になります。つまり、副作用による障害です。

 

哲学の話になりますが、
弁証法の『量質転化の法則』というものがあります。

「量的な変化が質的な変化をもたらし、質的な変化が量的な変化をもたらす」

人間は量にとらわれて質的な変化を無視したり、質ばかり気にして量的な面を無視しがちです。


言いかえれば、

薬ばかりに頼っていては質的な変化ということが起きます。つまり、薬の量が増えることで体の体質が薬品によって変わり、副作用に苦しんだり、薬の効果がなくなってしまいます。
この状態になれば、薬の量が増えていくばかりです。

 

 

病院勤務10年間の体験で、薬だけに頼り、毎日、点滴ばかり注射ばかりした結果、症状が悪くなるばかりで、健康的な生活からほど遠い状態の患者をたくさん見てきました

薬は適切な質と量が治療のポイントです。

少ない薬の量で最大限の効果を発揮させることが、健康に生きるためのコツになります。

薬は毒です。 適度な量を飲めば薬になる。


しかし、これに頼りきって飲み続ければどうなりますか?
考えた上での治療をお勧めします。

妊活の方、2人、無事妊娠しましたが、目標は出産です。

11月は妊活で来院されているお二人が妊娠。

30代前半と30代後半の方です。

 

お二人とも、今まで何回もチャレンジしても妊娠にいたらないご経験をされているので、少しネガティブな状態でしたが、無事、妊娠。

しかし、妊娠が目標ではありません。出産して我が子を見ることが目標です。

 

当院の方針としては、安定期に入るまで来ていただいていますが、30代後半の方は、胎嚢確認後、つわりがひどくなり、通院がしんどいということで当院の鍼灸は終了となりました。

もう一人の方は、まだ妊娠判定陽性だけなので、安定期まで続けることになりました。

 

30代前半の方は、お一人目の妊活中に通院されていた病院で鍼灸を受けておられ、そこの病院の紹介で当院を受診することになりました。

 

通院されていた病院で、胚移植前に受けていた鍼治療が中髎穴刺鍼。

これは、子宮内膜が薄い方にも効果があるやり方です。

 

f:id:kiyoshihari:20211206095409j:plain

 

 

中髎穴刺鍼は、術者が鍼を持ち、雀啄(じゃくたく)というやり方で鍼をズンズンと揺らします。痛みはありません。

 

私が学生時代は、この鍼のやり方は学んでいませんでした。

この10年ほどで、発表された考えです。

中髎穴刺鍼を研究されておられた先生の講義と実技に何回も参加しました。

この鍼ののやり方はテクニックが必要なので、練習が必要です。

 

研究されていた先生が講義の中で、中髎穴刺鍼が正しく患者さんに使用していない先生もいると、嘆いておられました。

 

間違ったやり方は、パルス通電です。

電気刺激と手のズンズンおこなうバイブ刺激はまったく違います。やり方を正しく行わなければ効果はないそうです。

 

「中髎穴刺鍼が不妊、子宮内膜の厚み、子宮に効くのではない、正しいやり方を行ってはじめて効果がある、ただやればいいというものではない」という、某先生の言葉が印象的です。

 

勝手にやってはアカンわけです。

 

ツボに鍼をすればいいというものではありません。

正しいやり方、正しい刺激、刺入の深さを行って、はじめて効果があるというものです。

 

ただ、ツボに鍼をさせばいいというものではありません。

ツボに鍼をするだけなら、素人でもできます。

そんな単純なものでありません。

 

とりあえず、妊娠してよかった。

 

来年1月は胚移植の方が2人おられます。

無事、妊娠するといいのですが。

 

=================

 

 ■ 氣よし鍼灸院へのお問い合わせ お気軽にどうぞ

 健康相談&お問い合わせメール クリック

 電話 06-6170-9671

 

当院は、東京大学大学医学部付属病院リハビリテーション鍼灸部門からの推薦を受けている鍼灸院です。

東京大学医学部附属病院リハビリテーション部物理療法(鍼灸)部門

 

東洋医学×現代医学』2つの医学の考え方を合わせた鍼灸院です。

鍼灸経験20年以上の実績

病院勤務10年の鍼灸治療の経験

 

f:id:kiyoshihari:20200120213911j:plain