氣よし鍼灸院の思うままブログ

痛み・リウマチ、抗癌剤の副作用、突発性難聴、不妊を行う鍼灸院。氣よし鍼灸院のブログ

抗がん剤の副作用のしびれへの鍼灸

医者に言われました。

「鍼治療は続けななさい」

 

この方は当院の癌の患者さん。

病院ではやることがないということで、

自宅療養をされています。

 

もうやることはないと、説明されるというのは、精神的にもかなりキツい話です。

 

鍼灸院に来られたには、足背部と足底部のしびれがとても強い、

特に左足は浮腫もあり感覚がない、何とかできませんか?ということでした。

 

抗がん剤の副作用による、足のしびれる末梢神経障害という症状があります。

裸足でジャリの上を歩いているような痛みが続いたり、足の感覚がなくなったりします。

医者に訴えてもビタミン剤しか処方されず、効果的な薬はありません。

この症状、鍼が非常に効果があります。一般的に知られていないのが悔しくなるほど効きます。

ぼくの鍼灸院では、末梢神経障害、抗がん剤の副作用への鍼を行っています。

ホームページにも書いているので、それを読んで来ていただけました。

 

4回の鍼治療で右足のしびれは改善。感覚も戻ってきたとのこと。

こんなに効果があるのなら浮腫が強い左足にも鍼をして欲しいというので、念のために主治医に鍼をしてもよいか確認してもらいました。

抗生物質を服用しながらであればOKとのこと。

 

抗生物質いるか?鍼の深さは2ミリほどなんだけどな。

そんなこと言い出せば、傷口程度のものでもアウト思うんだけど。

 

疑問を感じたため、大学病院で鍼灸をされておられた先生に確認しました。

答えは問題なし。

やはり、数ミリに刺入でどうこうなるなら、普通の生活できないはずとのこと。

 

主治医もOKなので、浮腫の足にも鍼治療をすると、こちらも軽減。

足の指を動かすことができるようになえいました。

 

この方は現代医学からはお手上げですと言われました。

そういう訳で何もすることがないため、漢方や丸山ワクチン鍼灸をされています。

 

鍼灸は続けなさい」と言われたのは、漢方で受診されていう医師です。

この先生は、癌でも治った人はいる、と話されいているそうです。

 

何が理由が分かりませんが、癌が治ったという人はいます。

ぼくも知っています。

 

ホスピスに入ってなぜだか急に癌がよくなった方。

大腸癌2回、余命宣告されるもよくなり、多数の会社を経営されている方。

このような方は普通にいます。

 

まずは、できること、可能性があることは、非常識に高額なものでなければ取り入れていくことも必要だと思います。

 

当院の患者さんも徐々によくなっています。

 

 ■ 氣よし鍼灸院へのお問い合わせ お気軽にどうぞ

 健康相談&お問い合わせメール クリック

 電話 06-6170-9671

 

当院は、東京大学大学医学部付属病院リハビリテーション鍼灸部門からの推薦を受けている鍼灸院です。

東京大学医学部附属病院リハビリテーション部物理療法(鍼灸)部門

 

東洋医学×現代医学』2つの医学の考え方を合わせた鍼灸院です。

鍼灸経験20年以上の実績

病院勤務10年の鍼灸治療の経験